カートをみる 入会手続/会員入口 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

インフルエンザ予防にアロマ

みなさん、こんにちは。

今月は久々にアロマをご紹介したいと思います。

アロマセラピーにおいて感染予防こそが一番の得意技でもあるので、アロマを始めるのに今の季節が      ピッタリなんです。

さらに一般的に知られている精油ではなく、マイナーな精油を使用することによって効果が高まるので、       是非この季節にこそアロマを使っていただきたいので久しぶりのアロマネタ復活になった次第です。

まず、精油には必ずといっていいほど、殺菌効果があります。もちろん種類によって強弱はありますが、      ラベンダーやローズ、さらにはマンダリンなどにも一定の殺菌効果があります。

その殺菌効果の高い精油群になると、殺菌を越えて感染予防効果さえも持ち、さまざまな感染症の予防に     働きかけます。

殺菌効果が高い分刺激が強いので、直接肌に付かないように、など使用方法に注意が促されることが多いため、一般的なアロマセラピー本ではあまり紹介されていません。ちゃんと使用方法や注意事項を把握しておけば、    この強力な殺菌効果の高い精油は様々な場面において活躍してくれるので、使うべきだと僕は思っています。  (これはあくまで僕個人の意見ですが…)

実際にそれらの精油を使い、院内感染のMRSAの増殖に阻止の作用があったことが証明されています。

精油を薬品とは言いませんが、ここまでの効果レベルだと、限りなく薬品に近く即効性のある効果を期待する  ことができます。

さらに、“この香りが好き〜!”が加わわると、なんと神経にも働きかけてくれるので、リフレッシュ、リラックス、集中力アップなど気分転換やストレス緩和などにも繋がってきます。さらに部屋に拡散した場合、消臭効果にもなるので、ニオイが気になった時などにもおすすめです。

アロマの力は一つだけではなく、一つの精油で様々な効果を発揮し、相乗効果をもたらしてくれる、これこそがアロマセラピーが持つ最大の特徴と魅力ではないかと思っています。

前置きが長くなりましたが、それではインフルエンザ予防に有効な精油を紹介したいと思います。

○オレガノ ー 特に感染性の中でも消化器系疾患に高い効果。

○タイム ー 空気感染症にとても高い効果。

この2つのコンビネーションにより、かなり強い、精油の中で一番強い消毒・殺菌効力を発揮します。

ちなみにアセチルコリンエステラーゼ抑制作用もあるので、認知症予防にも有効です。

そしてその次に有効なのは

○ニアウリ ー ティーツリーの仲間的な存在ですが、抗感染作用は抜群。

○ラベンサラ ー 免疫刺激力が精油随一。

一般的にはティーツリー、ユーカリを紹介することが多いのですが、それはこの2種が感染症予防に外せない重要な働きをしてくれる精油だかです。安全性も高いので、オレガノ、タイムにブレンドすることによって精油初心者の方にも安心して使えるようになります

先に述べた4種の精油たちがインフルエンザ予防などの感染症予防に効果的な働きを持つ精油です。

そこに、安全性の高いラベンダー、ティーツリー、ユーカリ、ペパーミントなどを加えることによって、     好みの香りにし、アロマらしい香りに調整することができます。

このブレンドオイルを僕はFlu Preventionと名付けているのですが、マスクの内側に1滴垂らして装着したり、室内で焚いたり、車内でもティッシュに数滴垂らして置いておくだけで、それなりの効果が期待できます。

それでは、皆様素敵で健康なアロマタイムを。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ