カートをみる 入会手続/会員入口 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

更年期障害へのアロマセラピー


今回は更年期障害に対してのアロマセラピーをご紹介いたします。

女性ホルモンが低下することで発生する心身のほてりやのぼせ、不眠、口の渇、ヒステリーなどがさまざまな不調を起こります。

一般的にはホルモン治療が有効とされていますが、肌の荒れや乳がんなどの恐れがあるため、できるだけ薬を使用しないで回復させていきたい症状のひとつではないかと思います。

そこでアロマセラピーでは、女性ホルモン様作用(エストロゲン様作用)のある精油を主に使用し外部から補うことと、リラクゼーション作用(副交感神経

強壮作用)のある精油をプラスしてブランドして使用していきましょう。

香りが好みのブレンドオイルを作っていくことも重要なポイントのひとつです。

精油をブレンドする際は、ご自身の嗜好に合わせるようにしてください。

●ホルモン様作用のある精油

スィートフェンネル、クラリセージ、スターアニス、サイプレスなど

●副交感強壮作用のある精油

ゼラニウム、ティーツリー、スィートマージョラム、ラベンダーなど

★おすすめブレンドオイル

スィートフェンネル   5滴

クラリセージ      5滴

スィートマージョラム  3滴

ラベンダー       2滴

ホホバオイル     30ミリ

月見草オイル     20ミリ

必要に応じて、5滴程度をみぞおちや下腹部、腰などによく塗布してください。

マッサージしていただくこともおすすめいたします。

注:このブレンドオイルには神経毒性や流産を引き起こす危険性がありますので、妊婦さん、授乳中の産婦、乳幼児、てんかん患者さんへの使用は避けましょう。


Marvo より

サボテンの花


昨日、一年に1日か2日しか咲かないというサボテンの花を頂いた。

明日には、この白い花も姿を消すのだろう。

サボテンの花


明日の姿は、どうなっているのだろうか・・・

サプリメントに入っている多くの添加物が、健康障害を引き起こしかねないという皮肉


サプリメントは、ビタミンやミネラル、アミノ酸など不足しがちな栄養素を補給するためにあるのですが、実はそれ以外にも様々な添加物が使われていることが多いのです。それは、必要な栄養成分だけをカプセルや錠剤、液体にすることは困難だからです。さらに、味を調えたり、保存期間を長くしたりしようという目的が加わると、使われる添加物は増えていくことになります。

●添加物が9割を超えるようなものも

ではどんな添加物が使われているのでしょうか。
サプリメントを作る上で最低限必要なのは、

①粉がさらさらになるようにして、機械の中で詰まらないようにし、原料を均一に混ざるようにするもの(錠剤やハードカプセルを作る際)

②粉を固める材料(錠剤用)

③セルロース、グリセリン、ゼラチン、プルラン、HPMCなどのカプセルの素材です。

 これらは、機械で製造しやすく、錠剤やカプセルにするために不可欠の材料です。
これに食べやすい味にするための甘味料や着色料、香料、長持ちさせるための保存料、増量剤などが加わってきます。
サプリメントによって目的とする成分や材料が微量の場合、添加物が9割を超えるようなものもあります。
そこまで来ると、サプリメントを飲むというより添加物を飲んでいると言う方が的を射ているような状態になってしまいます。
 錠剤にするため、粉を固める「賦形剤」としてよく使われる「乳糖」は、乳糖不耐症の方や牛乳にアレルギーのある方にとって注意が必要な成分です。
 添加物をいくつも使うことで新たなリスクも出てきます。例えば清涼飲料水に使われるビタミンCと保存料の安息香酸の二つが反応すると、体にとって有害なベンゼンが発生する可能性が指摘されています。

●気になる合成甘味料や糖類

 特に液体、ドリンクタイプのサプリメントの添加物で気になるのは合成甘味料です。
美味しく飲みやすくし、賞味期限を長くするために合成甘味料や香料、保存料が多用されているのですが、
合成甘味料にもいろいろあります。
アスパルテーム、アセスルファムK、スクラロースなどはお勧めできない顔ぶれです。
いろいろな情報を勘案すると、必ずしも「体にとって害なし」とはいいがたいからです。
 また、ゼリーやドリンクには、味をよくするため、「糖類」が多量に含まれていることが少なくありません。
そうすると、糖類が原因となって「糖化ストレス」を引き起こす問題が出てきます。血中の糖は、
タンパク質と結合して最終糖化産物という物質になるのですが、糖の摂り過ぎによってこの物質が増え、
血管や細胞を傷つけるなど体の中で様々なトラブルを起こすのです。
肥満や糖尿病、動脈硬化、神経障害といった病気や健康障害の引き金になります。
皮膚や骨のコラーゲンも糖化ストレスでもろくなってしまう変化を引き起こします。

 一部の添加物はサプリメントを作るうえで欠かせない物質ですが、無くてもよいものは極力なくし、
できるだけ体に害を与えない安全性に優れたものを選ぶべきでしょう。

しかし、現実にはそうでない製品が少なくないことも事実です。

サプリメントの目的成分だけでなく、どんな添加物が使われているのかにも気を使い、
自分の身を自分で守る目を養うことが大切です。

アロマで快適生活~冷え症をアロマセラピーで解消しましょう~


これからの季節は特に女性にとって、大敵の「冷え」に悩まされる肩が多いのではないでしょうか。

冷え症は年齢を問わず多くの女性が抱えがちな症状です。

原因は主に血液循環の悪化から手足に十分な血液が流れず、末端部分を中心に冷えを感じることです。
これが慢性的に悪化しますと、全身の血流も悪くなり、
肩や背中、おなか、腰まで冷えてきてしまいます。

血流の流れが悪くなる原因のひとつとして、自律神経の乱れがあります。
自律神経は血管の拡張や収縮を調整しており、外界の環境変化に対応していますので、この働きが乱れると血管の収縮と拡張が正常に行なわれなくなり、
血流障害を招いてしまいます。

また、他には不規則な生活、女性ホルモンの変動などが原因とされています。
この冷え症を解消するためには、日頃から体を冷やさない工夫が必要です。

アロマセラピーも冷え症に効果を持つ精油があります。
それらを足浴やマッサージオイルなどにして生活に取り入れて下さい。
冷え症に効果ある精油の紹介とマッサージオイルのレシピを紹介します。


冷え症に効果のある精油


●レモン、スィートオレンジ

これらの精油に含まれるリモネンという成分には血管を拡張して血流を増加させる作用があり、
体を温めてくれます。
ただ、足浴などには肌へ刺激がある危険性があるので気をつけて下さい。

●ジュニパー、サイプレス

体液の貯留を解消して老廃物の排泄を促すカリオフィレンや、血流を促進するα—ピネンが含まれていますので有効です。
また森林浴効果によって深いリラクゼーションも得れるでしょう。

●パチュリ

静脈を強化してうっ血を除去するブルネッセンという成分が含まれています。

お肌への保湿効果もあるのでスキンケアとしても有効です。


【冷え症解消アロママッサージオイル 25mL レシピ】

レモン     5滴

ジュニパー   5滴

パチュリ    5滴

セサミオイル 25mL


足先から足首、ふくらはぎからひざと末梢から中心部に向けてマッサージしてください。
目安1日2〜3回行ないます。冷えを感じたときや、就寝時が特にオススメです。

使用前にパッチテストをおこなってください。

妊婦さんは使用を控えましょう。

オーガニックホホバオイル30mL(ティーツリー&ラベンダー 2本セット)



スペシャルキャンペーン

【30% OFF】

オーガニックホホバオイル30mL

(ティーツリー&ラベンダー 2本セット)




通常価格:7,128円(税込) → 【30%OFF】4,989円(税込)

2,189円(税込)お得!!


"C19 オーガニックホホバオイル"に、オーガニック ティーツリー油とオーガニックラベンダーを配合した 割引セットのキャンペーンをスタートしました!

【30% OFF】オーガニックホホバオイル30mL(ティーツリー&ラベンダー 2本セット)

お肌を清潔にする保湿ケアにおススメのフレッシュで清涼感の漂う【ティーツリー入りホホバオイル】と、
安らぎの香り 【ラベンダー入りホホバオイル】の高保湿スキンケアのセットです。

※詳しくは、下記の商品ページをご覧ください。

●オーガニックホホバオイル with ラベンダー 30mL

●オーガニックホホバオイル with ティーツリー 30mL


この機会を、お見逃しなく!

プロテクト ブレンドオイル(マスク アロマブレンド) 10mL



【 インフルエンザウイルス、花粉症の予防・改善 】 マスクに1滴!

オーストラリアNSW州ブルーマウンテンズ近郊に生育しているユーカリやティーツ リーなど、
強い感染予防効果を持つ精油をブレンドすることで、効果的なウイルス予防などの感染予防や
花粉症の緩和効果にアプローチ。

キャリアオイルも使用しているので肌についても安全で、さらに喉に潤いを与え、
香りの持続時間が長くなります。

新型コロナウィルスが蔓延するこの時期に、マスクに一滴するだけで予防できます!

是非、お試しください!

オーガニック クリーン ハンドジェル 入荷しました!


★即納★オーガニック クリーン ハンドジェル BIGサイズ250mL

入荷しました。

https://www.c19.co.jp/SHOP/0157.html


【 容器が新しくなりました!】

容器の安定した確保が厳しいため、中身が見えるクリア容器に変更となりました。

内容量や成分に変更はございません。


アロエエキス98%のアロエジェルを使用!】

アロエは「万能の民間薬」として知られていますが、抗菌作用に優れていて

皮膚の老化防止・保湿、火傷・日焼けの治療に有効とされています。


【レモン、オレンジ、ペパーミントの3種の精油がブレンド!】

レモンの殺菌力は強力なものとして古くから認められていますが、体を感染から守る白血球を刺激する為、髄膜災菌や腸チフス菌を短時間で殺す力をもっていると言われています。感染予防に有効な精油です。

オレンジ、ペパーミントにも優れた殺菌・抗ウィルス作用があるので、感染予防に役立ちます。


※商品のお問い合わせは↓↓

フリーコールまで:0120-919-339(平日10時~18時、土日祝日お休み)

輸入遅延のお詫び


世界中で流行している新型コロナウィルスにより、物流に多大な影響が生じ、商品の輸入が滞っております。
お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳なく深くお詫び申し上げます。

皆様からご予約を承っております【オーガニック クリーン ハンドジェル】も、もう間もなく動き始める気配です。

皆様には、長い間お待ち頂いておりますが、もう少しで入荷になるものと思われます。

入荷になり次第、当サイトでお知らせ致しますので、今しばらくお待ち頂きたくお願い申し上げます。


お隣さんの柔軟剤のニオイが辛い



お隣さんの柔軟剤のニオイが辛い…「香害110番」に“通報”相次ぐ、健康被害も…
メーカーも使用マナー啓発

公害になぞらえて「香害(こうがい)」。香水などの香りが「不快」を超え、健康被害を訴える声が増えている。
中でも取り沙汰されているのが衣類の柔軟剤だ。香りで気分を高める効果がある一方で、吐き気などを訴えるケースも。
消費者団体が開設した「香害110番」には「他人の洗濯物の香りがつらい」といった“通報”が相次ぎ、
メーカー側も「使用の際は周囲に配慮を」と呼びかけている。

洗濯物の香りで息ができない、吐き気も…

「他人の柔軟剤の香りで息ができなくなり、吐き気もある」「脱力感や筋肉のこわばりが起こる」
NPO法人・日本消費者連盟(日消連)が7~8月に2日間限定で開設した「香害110番」には、計213件の訴えが寄せられた。
最も多かったのが、近隣の洗濯物の香りについてだったという。
日消連は、今回の結果を踏まえ、消費者庁やメーカー側に対応を求める方針。担当者は「予想以上の反響。
『香りの好み』ではなく、健康に関わる問題だ」と強調している。

芳香性がブームに

柔軟剤は本来、生地の質感を柔らかく保つための仕上げ剤。国民生活センターによると、以前は微香タイプが主流だった。
ところが、10年ほど前に香りの強い海外製品がブームになったのをきっかけに、芳香性を強調した製品が増加。
その頃から、同センターには柔軟剤による体の不調を訴える相談が増えたという。
同センターが、柔軟剤に関する相談内容を平成25年9月に公表すると、同様の相談がさらに急増した。
各メーカーは、対策としてテレビCMなどで「香りの感じ方には個人差があります。
周囲の方にもご配慮のうえお使いください」などと表示。製品やホームページに、香りの強さを表記するようにしたが、
相談件数は高止まりしている。

「香りのマナー」を

使い方の問題も浮き彫りになっている。洗剤メーカーなどでつくる日本石鹸洗剤工業会が27年に行った調査によると、2割近くが規定の2倍以上の量を使っていたことが分かった。
 過剰使用の一因について、同工業会担当者は「同じ香りをかぎ続けて嗅覚が鈍り、香りが弱くなったと感じて量を増やしてしまうのでは」と推測。
「使い過ぎは、強い香りで周囲に迷惑をかけ、衣類の吸水性も下げる。良いことは何もない」と注意を呼びかける。
 同工業会は、香りの強さを確認し、使用量を守る「香りのマナー」を引き続き啓発していくことにしている。

過敏症の患者も

香りで不調を引き起こす人の中には、化学物質過敏症(CS)の患者もいる。専門医で大阪市中央区のクリニック「ふくずみアレルギー科」の吹角隆之院長は「嗅覚は命を守るための感覚。
本能が『逃げろ』と命じている香料に耐えることで、体がパニックを起こしている」と指摘する。
化学物質過敏症(CS)は、日常の中で化学物質を浴びることで発症。微量の化学物質でも頭痛や倦怠感、不眠などさまざまな症状を示すようになる。
 誰でも発症する可能性はあるが認知度は低い。職場や学校で柔軟剤や芳香剤などの使用中止を求めても「個人のわがまま」と一蹴され、重症化して耐えきれずに退職や不登校に追い込まれるケースもあるという。吹角院長は「香りをめぐって苦しんでいる人と、周囲の人が話し合えるようになれば」と理解を求めている。



商品欠品のお詫び



現在、ハンドジェル及びホホバオイル(各サイズ)が在庫切れとなっており、ご愛用頂いているお客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳なく深くお詫び申し上げます。
輸入につきましては、膨大な数の小包がすべてカスタムでストップしております。
カスタムがリリースするまで、オーストリアポストもどうすることもできない状況となっております。
すべては新型コロナウィルスによる影響で、各方面に多大な被害が出ており、すべてが通常に戻るまで、かなりの時間がかかるものと思われます。
ご注文を頂いておりますお客様には、誠に申し訳なく重ねてお詫び申し上げます。
輸入の状況につきましては、進捗状況が分かり次第、ウェブサイトでお知らせ致します。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コウモリの高い免疫背景に 新型コロナなど病原性強化―国際チーム
(2020年02月12日18時08分)

新型コロナウイルスや重症急性呼吸器症候群(SARS)、エボラ出血熱など、コウモリを主な宿主とするウイルスが人に感染した際、重症や死亡に至ることがある背景には、ウイルスがコウモリの高い免疫機能に対応して病原性を強めた可能性があることが分かった。
米カリフォルニア大などの国際研究チームがエボラウイルスなどをコウモリとサルの培養細胞に感染させて比較する実験などを行い、12日までに英科学誌イーライフに発表した。
コウモリは人間と同じ哺乳類だが、飛膜で空を飛ぶために代謝が速く、細胞内に発生した有害な活性酸素を除去したり、免疫反応による炎症の悪影響を抑えたりする能力が高い。
種によっては寿命が40年とされ、同程度の大きさのネズミなどに比べて長生きすることで知られる。
ウイルスに感染しても症状がほとんどないため、かえってウイルスが増殖し、宿主の役割を果たし続けることになるという。
 SARSのウイルスはハクビシン(ジャコウネコ科)など、中東呼吸器症候群(MERS)のウイルスはヒトコブラクダが中間宿主であり、新型コロナウイルスも中間宿主が存在する可能性が高い。コウモリの捕獲禁止を徹底する必要があるが、洞窟などの生息環境を脅かしてもウイルスを含むふんや尿などが拡散し、中間宿主になる動物が増える恐れがあるという。




ページトップへ