カートをみる 入会手続/会員入口 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

アロマで快適生活(ダイエットにアロマセラピーを取り入れてみましょう。)

いつも気になるダイエットですが、無理な減量は身体にかなりの負担がかかりますし、仮に痩せたとしても  「リバウンド」によって元に戻ってしまうこともあります。

そこで、私達が持っている自然のバランス力を使い、無理なく体に優しくダイエットできるアロマセラピーを  ご紹介いたします。

①食欲を抑えるアロマセラピー

満腹中枢と嗅覚の関係を利用し、食欲を抑える働きのあるアロマを  食前に使い、過食を抑えバランスのとれた食事にしていきましょう。

イランイラン、パチュリ、シダーウッドには、これらの効果が期待できますので、食前に芳香浴や吸入、香油   もしくはハンドクリームなどに混ぜて使ってみてください。

②脂肪燃焼を促進させるアロマセラピー

この効果を発揮する精油の代表はグレープフルーツです。

私達の体内にある脂肪燃焼させる成分「UCP」に対し、グレープフルーツに含まれるヌートカトンという成分がUCPの分泌を促進させる働きがあることが証明されています。食事前後の吸入や、芳香浴、沐浴などによって効果を期待することができます。

③脂肪燃焼マッサージによるアロマセラピー

ローズマリー・カンファーやシダーウッドには脂肪溶解作用や浮腫改善作用などがあり、これらのアロマをキャリアオイルに希釈して肌に塗布するといいでしょう。特にマッサージを加えたほうが効果は高まりますが、塗布だけでも構いません。キャリアオイルは浸透性の高いホホバオイルがおすすめです。

*冷え改善

また、痩せにくい方の特徴である「冷え」に対して血行促進作用のあるレモンや、ニアウリ・シネオールを使ったマッサージや沐浴なども加えるとより効果が得られます。

*セルライト除去

水分代謝を促進してくれるのはジュニパー、サイプレス、スウィートフェンネルです。これらのオイルは腎臓機能を高める作用、利尿作用があり、余分な老廃物を排出する効果にすぐれ「セルライト」を取り除くので、マッサージオイルなどにして使用するのがオススメです。

ご自身の状態に合わせてアロマを選び、無理のないダイエットをしてください。

それでは、素敵なアロマタイムを。

Marvo

インフルエンザ予防にアロマ

みなさん、こんにちは。

今月は久々にアロマをご紹介したいと思います。

アロマセラピーにおいて感染予防こそが一番の得意技でもあるので、アロマを始めるのに今の季節が      ピッタリなんです。

さらに一般的に知られている精油ではなく、マイナーな精油を使用することによって効果が高まるので、       是非この季節にこそアロマを使っていただきたいので久しぶりのアロマネタ復活になった次第です。

まず、精油には必ずといっていいほど、殺菌効果があります。もちろん種類によって強弱はありますが、      ラベンダーやローズ、さらにはマンダリンなどにも一定の殺菌効果があります。

その殺菌効果の高い精油群になると、殺菌を越えて感染予防効果さえも持ち、さまざまな感染症の予防に     働きかけます。

殺菌効果が高い分刺激が強いので、直接肌に付かないように、など使用方法に注意が促されることが多いため、一般的なアロマセラピー本ではあまり紹介されていません。ちゃんと使用方法や注意事項を把握しておけば、    この強力な殺菌効果の高い精油は様々な場面において活躍してくれるので、使うべきだと僕は思っています。  (これはあくまで僕個人の意見ですが…)

実際にそれらの精油を使い、院内感染のMRSAの増殖に阻止の作用があったことが証明されています。

精油を薬品とは言いませんが、ここまでの効果レベルだと、限りなく薬品に近く即効性のある効果を期待する  ことができます。

さらに、“この香りが好き〜!”が加わわると、なんと神経にも働きかけてくれるので、リフレッシュ、リラックス、集中力アップなど気分転換やストレス緩和などにも繋がってきます。さらに部屋に拡散した場合、消臭効果にもなるので、ニオイが気になった時などにもおすすめです。

アロマの力は一つだけではなく、一つの精油で様々な効果を発揮し、相乗効果をもたらしてくれる、これこそがアロマセラピーが持つ最大の特徴と魅力ではないかと思っています。

前置きが長くなりましたが、それではインフルエンザ予防に有効な精油を紹介したいと思います。

○オレガノ ー 特に感染性の中でも消化器系疾患に高い効果。

○タイム ー 空気感染症にとても高い効果。

この2つのコンビネーションにより、かなり強い、精油の中で一番強い消毒・殺菌効力を発揮します。

ちなみにアセチルコリンエステラーゼ抑制作用もあるので、認知症予防にも有効です。

そしてその次に有効なのは

○ニアウリ ー ティーツリーの仲間的な存在ですが、抗感染作用は抜群。

○ラベンサラ ー 免疫刺激力が精油随一。

一般的にはティーツリー、ユーカリを紹介することが多いのですが、それはこの2種が感染症予防に外せない重要な働きをしてくれる精油だかです。安全性も高いので、オレガノ、タイムにブレンドすることによって精油初心者の方にも安心して使えるようになります

先に述べた4種の精油たちがインフルエンザ予防などの感染症予防に効果的な働きを持つ精油です。

そこに、安全性の高いラベンダー、ティーツリー、ユーカリ、ペパーミントなどを加えることによって、     好みの香りにし、アロマらしい香りに調整することができます。

このブレンドオイルを僕はFlu Preventionと名付けているのですが、マスクの内側に1滴垂らして装着したり、室内で焚いたり、車内でもティッシュに数滴垂らして置いておくだけで、それなりの効果が期待できます。

それでは、皆様素敵で健康なアロマタイムを。

アロマで快適生活(アロマフェイシャルオイルで美肌をゲット!)

皆様、こんにちは。

夏の日差しで大分お肌が疲れているのではないでしょうか?

また、日々の生活が忙しく、「肌の張りがない「、「肌がカサカサしている」「目の下のクマが気になる」というようなお悩みはありませんか。
強い日差し、日頃の疲れやストレスによりお肌のコンディションは悪化し、その結果、顔色や表情、話し方などにも悪影響が出てくる恐れがあります。


そこでアロマフェイシャルオイルを使いお肌も心もアロマで潤いと安らぎを与えましょう。

自然原料の有効成分により、本来持っている美肌を取り戻すのです。

顔は常に神経、筋などが働いています。リンパ液も多く通っており、顔に発生した老排物を取り出しています。

ですので、普通の生活をしていても老廃物が貯まりやすく、一旦体のバランスを崩すと血行やリンパ液の流れが悪くなり、
肌のターンオーバーや抵抗力の低下、肌荒れ、たるみ、クマ、くすみ、シワ等の原因になります。


ここでアロマフェイシャルオイルの登場〜!


栄養分を多く含むホホバオイルとローズヒップは、お肌の炎症を和らげ、細胞を再生、活性します。

そこに皮膚組織再生作用のあるローズ、ローズウッド、ローズマリー(ベルベノン)のアロマを加えていくことにより、
さらに美容効果を高め、かつブレンドされたアロマの香りにより深いリラクゼーション効果を得られるのです。
毎日のスキンケアに簡単なマッサージも加えてケアしてください。


アロマフェイシャルレシピ 50ml
ホホバオイル       35ml
ローズヒップオイル    15ml
ローズ          10滴
ローズウッド        8滴
ローズマリー(ベルベノン) 2滴

*使用前に必ずパッチテストを行ないましょう。
*使用後は早めに使ってください(目安3、4ヶ月)
*お肌に異常が出た場合は使用を停止し皮膚科に診てもらいましょう。

アロマで神経ケア

こんにちは。

アロマセラピーでは日頃ケアしにくい神経系へ影響を与えることができます。
神経系には自律神経には交感神経と副交感神経が補っており、自律神経が優位な状態になると集中力を高め、運動や勉強、仕事中などに適した状態になります。

しかし、消化や免疫力は低下してしまいます。
逆に副交感神経が優位になると、リラックス状態になるので、お休み前や家族での時間に適した状態になります。
これらがその時の状態に合わせて補うことで体のバランスを整えていくわけですが、疲労、ストレス、栄養バランス、喫煙、飲酒などにより、バランスが崩れることが多くあります。
多少は問題ないのですが、慢性的に続くと体のバランスが崩れはじめ、疾患へと発展してしまう恐れがあります。
アロマセラピーでは精油を吸入することにより、これらの神経を刺激し適正な状態に戻してくれます。

より確実な神経状態を把握するため、医療機具であるタス9ビューアーで皆様の神経状態を計測し、その方に適したアロマを取り入れていただけるようご案内しています。

その一例ですが、

Aさん

朝10時に計測した神経状態です。
これが夕方や夜であれば、いいのですが朝出勤直後ですと、かなり神経には負担がかかっていると予想されます。神経の活動度、エネルギー度が低いのと副交感神経が優位になっているのが見てわかりますよね。

計測後、グレープフルーツとペパーミントをティッシュに滴下し10分間吸入し、その後に再度計測しました。
ご覧いただいてわかるように交感神経が向上し、ストレスがかかりにくい状態になっています。
ですので、Aさんのようなタイプの方に午前中を中心にこの精油を吸入することが、神経バランスを整えることに有効になります。

アロマでの変化は人それぞれ異なりますし、種類によっても大きく違いが出てくるので、吸入しながらこのような良好変動があるものを探していくことが大切です。

皆様も是非、アロマで神経ケアを取り入れください。

アロマで快適生活(アロマでお腹スッキリ!)

皆さん、こんにちは。
今月は消化器系へのアロマレメディーをご紹介いたします。

便秘や胃もたれ、消化不良などは、誰もが抱えやすいトラブルです。
また、ほっておくと他の症状にも発症してしまう可能性があるので、ちゃんとしたケアーが必要になります。
慢性的にトラブルを抱えている場合、その多くが心の状態との関係が考えられます。
興奮やストレスを感じている時は、交感神経が活発になり消化活動は抑制されます。
また、逆にリラックスしているときは消化液がバランスよく分泌され、消化機能を正常に働かせます。

さらに、慢性的な便秘は臓器への負担などを考えますと極力お薬を使わずアロマで改善していくことが、                より健康的で本来の消化力を取り戻せることにも繋がります。
アロマは消化機能を支配している自律神経に働きかけたり、腸の蠕動運動を促したりできるので、                          心身ともに効果を期待できるレメディーです。
リラックスし、消化器系に効果のある精油を選んでください。
それでは、症状別にアロマレシピをご紹介いたします。

★胸焼け・胃もたれ対策のアロマレシピ
ペパーミント  4滴
レモン      5滴
ジンジャー   4滴
ローズマリー・ベルベノン  4滴


★便秘・下痢対策アロマレシピ
マンダリン   5滴
スィートオレンジ  5滴
マージョラム    4滴
ローズマリー・ベルベノン 4滴

★ 腸内ガス対策アロマレシ
スィートオレンジ   5滴
スィートフェンネル  5滴
レモン        4滴
カルダモン      4滴

このアロマレシピを、30mlのキャリアオイル、もしくは無添加クリームによく混ぜて使用してください。
腹部全体に馴染ませゆっくりと優しく時計回りに動かしていきましょう。

アロマで快適生活(アロマで作る除菌対策シリーズ)

皆さん、こんにちは!

アロマって主にリラックス効果をイメージされる方が多いかと思いますが、
除菌、抗菌、殺菌消毒における効果がとても優秀です。

というのも植物本来が生きていく上で、除菌、殺菌というのはとても大切なことなのです。
それが弱まってくることで人間同様病気になってしまいますからね。
今回はその効果を活かし生活に取り入れていきたいと思います。

まず、オススメのエッセンシャルオイルはティーツリーとペパーミントです。

ペパーミントは病原性大腸菌O-157に対し完全に殺菌できる精油として注目されています。
日本防菌防バイ学会で発表した研究によると、病原性大腸菌O-157に対し低濃度(0.04%)以上で                  完全に殺菌できることがわかりました。

ティーツリーは万能オイルで除菌効果に加え、傷口の殺菌や感染症(水虫やカンジダ)対策として使われてきました。
また抗真菌(抗カビ)作用があることから、防カビ効果が高くさまざまな場面で使用されています。

これらのオイルを利用して今回はキッチンスプレーとカビキラーを作ります。
自然原料を使用しているため、妊婦さんや小さなお子様がいても安心して使えますよ。


【作り方】

スプレー容器に無水エタノールを入れ、その中にオイルを滴下し、
よく混ぜてから精製水を入れて出来上がりです。(3週間を目安に使ってください)

★O—157 対策キッチン スプレー レシピ 50ml

ペパーミント  15滴
ティーツリー   5滴
無水エタノール  5ml
精製水     45ml


■使用方法

キッチン周りやまな板、排水口、ゴミ容器などなどにシュッと吹きかけてサッと拭くだけです。
また、バケツの水に3~5滴オイルを垂らして雑巾を絞り、拭き掃除をしてもいいでしょう。

★カビ対策スプレーレシピ(アロマカビキラー)  50ml

ティーツリー  15滴
ベルガモット   5滴
無水エタノール  5ml
精製水     45ml

■使用方法

カビの気になるところにスプレーしてください。
さらに重曹やクレイなどを少量加えるとよりキレイになります。
洗濯のすすぎ前に1滴垂らすと、洗濯機のカビ予防と洗濯物のカビ臭さが取れます。

市販製品は強力な薬品が使用されているため肌荒れや、刺激臭から不快感などの症状が出てしまう方も               多いのではないでしょうか?
経口、経皮吸収してしまうことを考えると、アロマのような自然原料を使う方が安全、安心ですよね。
是非アロマ除菌対策を参考にしてみてくださいね。

オーストラリア原産のスーパーフード!

オーストラリア原産のオーガニック植物美容成分がほしい!と思い立ってから、この数年色々探してきました。

お!当たり!と思っても生産量が少なすぎて手に入らなかったり、生産量が安定していてもオーガニックでなかったり、 使用感がイマイチだったりと、かなり苦戦していました。

もう無理かなぁ、なんて諦めかけていた時に出会いました!!
その原料に!!

手にした瞬間、震えるくらい感激したことを覚えています。
大げさに思われるかもしれないけど、ほんとの話。
それが約2年前のことです。

その原料は「カカドゥプラムエキス」。

ノーザンテリトリーに自生しているカカドゥプラムからつくられていて、
昔から原住民アボリジニ達が狩りに行くときに数粒持っていたといわれる栄養豊富な実です。
さらに、すり潰した実を肌に塗り、日焼け予防や肌の炎症、保湿を目的に使用していた歴史もあります。

なぜなら果物の中でビタミンCの含有量が世界一位(体積比率)といわれ、オレンジの100倍も含まれています。
さらに抗酸化作用もラズベリーの10倍、と栄養はもちろん美容成分としても、とても優秀なスーパーフードです。
美白、保湿、ハリ、潤い効果にとても効果的!食べても塗っても非常にパワフルな栄養、かつ美容成分豊富な実なんです。
これはすごい魅力ですよね~。

これこそ僕が探し求めていたオーストラリア原産の美容成分であり、このカカドゥプラムエキスを活かした商品を開発するために試行錯誤の日々が始まりました。

それからは毎日試作品との闘いです。

何度も試作品を作りテクスチャーの調整、カカドゥプラムと相性の良い配合原料の選定、香りと美容成分のバランス、などなど。

そんな試行錯誤の末、ようやくインテンシブハイドロセラムが完成~!

試行錯誤した成果?副産物?としてなんとオーガニック99.06%のオールインワンセラムとして、
1本で6役(美白化粧水、美容液、乳液、クリーム、アイクリーム、日焼け後のケア)の簡単スキンケアが誕生しました。


とくにカカドゥプラムの美白効果がすごいんです!
僕のサーフィン焼けのダメージ肌も改善してきました!!

と、ここまではなんとか順調にきまして、さてさて、カカドゥプラムはいったいどのような果物なのかと改めて考えた時に、 実物って見たことないな~と。
健康食品店でもパウダーしかないですし。なのでカカドゥプラムについての情報を知りたいと、
色々調べたのですが、栽培状況や収穫量など全然公開されていないんですね(もちろん成分表などの情報は持っていますよ~)。

そもそもこのカカドゥプラムは自生しかしていなかったのですが、今は管理農家の方が管理している農園もあるとのことで、色々問い合わせてみたところ、現在は主に原住民達が管理していて、さらに政府の管理下とのことでした。
ということで政府に問い合わせたところ、しばらく音信不通でようやく返事が来たと思ったら、
『以前、あるアジアの人にカカドゥプラムについてあることないことを書かれた過去があるので、
そういうことをしないように。虚偽記載したら問題にします』といきなりの警告でした。
情報を明確にしたいから問い合わせてるんですけど…という感じで驚きましたが、ずいぶん待ってこの返事だけでは困るので、色々聞いたものの栽培地と収穫量くらいの情報しか教えてもらえませんでした。
その栽培地はオーストラリア国内でもわずか9か所。世界で9か所の農園でしか収穫されていない果物って               なんだかすごいですよね。
オーストラリアに住んでいる人として、オーストラリア原産のものを少しでもアピールできれば、という思いもあったのですが、個人では難しいのかな、、と思う出来事でした。

オーストラリアにはカカドゥプラム以外にも、数多く素晴らしい植物性美容成分があります。
まだまだ世界的にはマイナーな原料なども多く、この原料探しを通じて、もったいないな〜と(様々な面で)思うことがよくあります。
ですが、ふと振り返ってみると、彼らは有名になることを望んでいないのかもしれません。
大量生産せず、自分たちの出来る範囲で高品質のものを作っていくスタイルを維持しているのかなと思いました。
もし、そうであれば、僕自身も彼らと同じスタンスであることに気がつき、もしかしたらそれはオージースタイルなのかもしれませんね。

皆さんも知らず知らずにオージースタイルが染み付いているかも。

自然の名曲

僕は気分に合わせて音楽を選んでいますが、皆さんはどのように選んでいますか?

レゲエ、オペラ、ロックなどのジャンルや歌手に関係なくその日の気の向くままにchoiceします。               きっと多くの方は好きなジャンルや歌手がありその中から聞いているのではないかと思いますが、僕はあまりそういう感覚がないので(もちろん好みの傾向はありますが…)なにが好きか聞かれると答えられず困ります。

どのような理由で選んでいるにしても、音楽を聴いているときの気分や気持ちなど、大きく心身に影響を与えてくれています。出勤時やジムでエクササイズをしているとき、スポーツの練習中などなど音楽を欠かせない方も多いのではないでしょうか。

僕も一人の時は、特に音楽を聴いきながら何かをしていることが多いのですが、音楽を聴きながら取り掛かると集中力が高まり、あっという間に終わったり、音楽を聴いていたからこそ乗り越えられた、というか耐えたれたことなども多くあります。そういう時ほど集中して物事に取り組んでいるので結果として良いことの方が多かったように思います。

その音楽も人間が創りだしている、ということを改めて見つめ直すと、人間の力ってすごいなぁ〜と感じます。                 街中でいつどこを見ても必ず音楽を聴いている人が目に入ってきますよね。                        音楽以上に生活に密着し浸透しているものはないのではないかと思うぐらい、私たちの生活の一部になっていると思いませんか?形がない音が重なり合うことで、これだけ大きな影響を与えられるのですから、それを上手く生活に取り入れ、心身のバランスを整えていくことで、薬に頼らなくてもいい健康的な体を手に入れる一つの方法なのかもしれませんね。

僕はアロマセラピストとして、アロマを使って神経やホルモン、肌、筋肉などに影響を与え健康を維持していくことを仕事としていますが、音、音楽にも同じ要素があり、実際にヒーリングミュージックやイルカの低周波音など様々な音の持つ、傷や心を癒す力に注目されていますよね。

人間の研究の進化はとても素晴らしく目を見張るものばかりです。                            その一つに医療や薬品がありますが、その効果や研究結果はど肝を抜かれるものばかりで、私たちの暮らしが便利になり、より一層の進化を遂げていく時代に差し掛かっていると思います。そしてその進化が便利さをを通り越し、人間として大切な感覚や習慣などが奪われていくような感覚、恐怖感さえ感じることがあります。

大げさかもしれませんが、人間のより良い生活のために作られているものが、実際には人間を衰えさせていくのではないか、時代の進化によって生まれてくるもののスピードと人間自身の進化のスピードに大きな差が出てきてしまっているような気がしてなりません。

話はそれましたが、僕は人間が作った音楽だけではなく、自然が醸し出す音(波の音だったり、風になびく木の音、川のせせらぎ、滝の流水だったり自然の中で聞く音など)の、力強く美しく、時に静寂に包まれた自然を感じるそのひと時にも癒されています。歩いている時、ヘッドフォンを取って少し耳を傾けると、静かではありますが自然の奏でる音を耳にすることができます。ビーチに行った時、ぼ〜っと海を見ていると力強く雄大な波の音が何とはなしに聞こえてきますよね。さらに鳥のさえずりなども入り混じり、自然が作り出すジャズのような、そんな風に聞こえてくるその時間は地球上で自分がいかに小さい生命体であるかを実感するとともに、自然の大きさを全身で感じることができます。

自然が創り出す素晴らしい恵みは音楽だけではなく、エキスや精油にも同じようなことが言えると確信しています。自然界が生みだす植物などの生命体から作り出されるエキスには計り知れない力があり、静かで穏やかな植物の中に秘めている成分は、人間が作りだす人工成分よりも強いかもしれませんね。植物成分を扱う仕事をしていると、特にそのように感じることがあります。

ウォーキング中や散歩など自然の中にいるときに、是非自然が奏でる音に耳を傾け、自然が作り出す名曲に触れてみてください。

ラベンダー

香りはどうやって働くの??


みなさん、こんにちは。今日は精油の芳香成分が人間にどのようにして働きかけるのかをご説明したいと      思います。

各精油には数十から数百もの芳香成分が含まれており、これが体に働きかけ、体調を整えたり気分をリラックス、リフレッシュさせたりする効果をあらわします。

その芳香成分はどのように体に行きわたり、効果を発揮するのかと申しますと、

①鼻から大脳へ

鼻の奥に付着した香りの分子が電気信号化されて大脳に影響を与えます。

元気がない、気力がわかない、イライラする、眠れない、食べすぎるなどの症状に効果的です。

方法:マグカップやハンカチ、オイルウォーマー、アロマライト

②鼻、口から肺へ

鼻、口からのどを通り、気管、気管支、肺へと入り込みます。肺の粘膜から血液に入り全身に影響を与えます。

 痰、咳がでる、呼吸が苦しい、喉が痛い、便秘、冷え性、花粉症などの症状に効果的です。

方法:アロマディフューザー、アロマバス(全身浴、半身浴)

③皮膚から血管へ

小さな分子の精油は皮膚に深く浸透して血液へ入り込み、表皮、真皮、筋肉、リンパ、静脈などに影響を与えます。(精油原液のまま皮膚には塗布しないでください。)

肌荒れ、肌の乾燥、筋肉痛、コリ、セルライト、ダイエット、むくみなどの症状に効果的です。

方法:アロママッサージ、アロマオイル、アロマバス

解消したい症状にあわせてアロマセラピートリートメントを行ってください。

それでは、素敵な週末を!

簡単アロマレシピ

世界でひとつだけのアロマコロン。

お好きな香りをブレンドして、世界でひとつだけのクリスマスプレゼントを作ってみませんか!

  1. ロールオン容器に精油を合計6滴から10滴いれます。

  2. 10ml植物油を入れます。例)ホホバオイル、グレープシードオイル。

  3. オリジナルラベルを貼って完成!

    すっきり系ブレンド         フラワー系ブレンド

    グレープフルーツ 3滴       ジャスミン   3

    レモン      2滴       イランイラン  1

    メリッサ     1滴       マンダリン   2

    などがおすすめです。

精油の選び方、買い方は?


精油の選び方、買い方は?

みなさん、こんにちは。今日はアロマセラピーには欠かせない精油(エッセンシャルオイル)の正しい選び方、
買い方をご紹介いたします。

植物の花やつぼみ、枝葉、果皮、樹皮などから抽出された芳香物質を精油といいます。
その精油を選ぶときに、気をつけて頂きたいのがポプリオイルなどと間違えないように、
それが植物から抽出された天然の精油であるか確かめてください。

そして精油であるかどうかの見極めチェックポイントは、

①精油名、学名がラベルに記載していること
②原産地(原料が栽培された場所)
③抽出部位(植物のどの部位から抽出したか)
④抽出方法がラベルや説明書に記載されているか
⑤輸入元、製造元、取り扱い説明が表示されているか
⑥原材料の収穫年月、蒸留、ビン詰めされた場所や年月がわかると安心して購入していただけると思います。

また精油が入っているビンが遮光性のガラスビンであることや、ビンの口に1滴ずつ落とせるドロッパーが
ついていることも確認してくださいね。
精油は酸化しやすい成分なので極力小さいサイズのものをお薦めいたします。
(5mℓ~10mℓl程度のもの)

それでは、皆さま素敵なアロマタイムを!

簡単アロマレシピ

お子様やペットのいるご家庭でも安心してお使い頂ける虫別「アロマ虫除けスプレー」!

【虫除け精油レシピ】

「蚊よけ」ゼラニウム4滴、レモンユーカリ3滴、シトロネラ2滴
「ハエよけ」レモングラス4滴、ユーカリ3滴、ペパーミント2滴
「ゴキブリよけ」クローブバッド5滴、シナモンバーク4滴

【作り方】

1.計量ビーカーに無水エタノールを5ml入れます。
2.精油を全部で10滴未満加えます。
3.精製水を45ml加え、混ぜ合わせます。
4.スプレー式の容器に移し替えて使用します。

濃度1%未満のスプレー出来上がりです!

肌に直接スプレーしなくても、衣類や部屋やキッチンなどを香らせるだけでも十分に虫除け効果があります。
この程度の濃度なら香りを大量に吸い込んでしまっても問題ありません。
使用目安は露出した肌に4時間毎にかけてください。
(ゴキブリよけスプレーは肌にはつけないでください。)

ついにこの時が!!



ついにこの時が!!

とうとうこの時が来てしまった!
それは日本の24時間生放送のTVショッピングに出演すること。
ショッピング系のTV番組とはいえ、生放送でTVに出演するのは人生初‼︎

楽しみな反面気が進まない・・・

以前、同じようにTVショッピング販売をした際には妻が出演し、事なきを得たのですが、
次回は新商品ということもあり、僕が開発者として出演することになってしまったのです。

気が進まない理由はというと・・・

①言えない表現、言葉が多い。

以前にもこのコラムで書いたかと思いますが、アロマセラピー、アロマセラピストと言えない!
日本では薬事法によって表現方法にかなり厳しい規制があり、セラピーやセラピストという表現が
薬事法に抵触するということで、なんだか僕の職業を否定されているようで遣り切れない思いなんですが、
その中で、NGワードが発することなくアロマや商品を紹介できるのか・・・。

②講義やセミナーであれば、普段と同じような内容で話せますが、今回は商品販売のためなので、
今までにない説明、かつ、自画自賛的発言をしなければならないようで、それが僕にできるのか・・・。


開発、仕入、製造すべてを自社で行なっているので、商品に関して確かな自信はありますが、
それはあくまでも僕が思い描くアロマスキンケアとしての自信なので、TV画面の向こう側の
不特定多数の視聴者様にどのようにアピールすればいいのか難しいところです。
というのも正統派オーガニックスキンケアは好みが分かれる部類で、アロマやオーガニックが
好きな方にしか好まれないのではないかという懸念と、薬事法の縛りの中でどれだけ自分らしく話せるのか…。

③日本語がヘン! 

在豪歴27年なので…というのは言い訳ですが。そもそもちゃんとした日本語が話せない、
かと言って英語が得意なわけでもない。片言の英語と、ヘンな日本語を繰り出す僕が
1時間の生放送を乗り切ることができるのか不安・・・
かといって今更話し方を改善することは相当勉強、練習しないと難しいですよね。
この日本語に関して改善するというのは人生をやり直すに近い雰囲気が自分の中にあります。

④僕自身、今年47歳を迎える一般男性で、俗にいうおっさんです。

そのおっさんがオーガニックスキンケアを作っているというのは、オーガニックスキンケアのイメージを
壊してしまわないか心配。3月から禁酒し、ジムに行ったり身体作りに勤しんでいますが、
おっさん体型ナメんなよって感じで、現実は甘くはなく2ヶ月やそこらじゃ見栄えはそんなに変わらない。


これらの様々な不安を乗り越えるために、自分が出来る事は努力して、6月の生放送に臨む姿勢で準備はしています。
(もちろんこれからもしていきます)。が、やっぱり不安なことに変わりはありません。
ネガティブなことばかり言っていますが、不安と隣り合わせで、この状況を楽しめている部分もあります。
自分のブランドを自分で売り込む。しかも生放送で1時間。
なかなか体験できない幸せな事だと受け止めています。

結果はどうであれ、自分の内に描いているオーガニックとは、スキンケアとは、Marvo&Co とは、
ということを自分の言葉で伝えられるチャンスはそうそうないと思うので、後悔のないように挑みたいと思っています。
過去にアロマセラピストになるために勉強し、色々な協会のテストを受ける時、人生で初めて!
というぐらい猛勉強したこと、そしてその前に20歳の時な〜んにも知らずにワーキングホリデーで渡豪し、
社会の厳しさを痛感した時、この2つの出来事は今でも鮮明に覚えています。
そして、今回のTVショッピングの事もきっと僕の人生を振り返るにあたり、
上記2つの出来事と同じように深く鮮明な記憶に残る事は間違いないでしょう。

シドニー時間 6月12日(水) 朝6時〜7時

日本時間 朝5時~6時


ショップチャンネルの公式ホームページでご覧いただけるので、僕の人生初体験のTV生放送、
放送事故にならないよう頑張りますので、応援してただければ嬉しいです。
オーストラリア原産の素晴らしいオーガニック カカドゥ プラムをはじめ
オーストラリアの様々な原料がいかに素晴らしく魅力的なものかを伝えれたらいいな〜と思っています。


アロマ効果で安全で快適な春を過ごそう。

ブログ


みなさん、こんにちは。

精油には、様々な作用がありますが、その中でも非常に需要が高いのが、花粉症予防・改善と虫除けです。
ちょうどこれから春にかけて役に立つ情報ですよね。今回は、それぞれどの精油をどのように使うといいのかを
ご案内いたします。

*花粉症

そもそも花粉症は、花粉によるアレルギーによる免疫リアクションですから、
決して免疫力が低下して起こる症状ではありません。
免疫のバランスを崩すことによって起こる症状です。

そこで、精油にある免疫バランス調整作用を取り入れることで、
花粉が体内に入ってもアレルギー反応が出ない体にしておけばいいわけです。

また、鼻、口の殺菌もマメに行うことによって、花粉が体内に入らない環境になります。
このことから、花粉症に適した精油は、ティーツリー、ラベンサラ、ユーカリ、ラベンダー、ペパーミント、
ジャーマンカモミール、ローズマリーなどがあげられます。

マーヴォコーではクリアーブレンドがこれらの精油をブレンドしており、
ロールオンになっているオイルをそのままマスクの内側に塗るタイプになっています。
また、高品質(認定オーガニック)ティーツリーでのうがいも有効です。
症状によっては眠りにつくこともできない方がいらっしゃいますが、
その時は胸にラベンダー、ペパーミントを各1滴垂らして満遍なく胸部に塗布すると
鼻詰まりなども解消され、心地よくお休みいただけます。

ぜひ、お試しください。


*虫除け

虫の種類によって成分が異なりますが、市販で売られている虫除けや殺虫剤には、Deetという薬品が含まれています。
このDeetは我々人間にとって良くない成分です。

Deetを完全否定するつもりはありませんが、そもそも虫を殺す必要があるのでしょうか?

ゴキブリであれば家に出なければいいし、蚊であれば刺されなければいいのではないかと思います。
精油には殺虫効果はなく、あくまでも「除ける」レベルです。
その実績は高く夏場になると各メーカーからアロマ虫除けスプレーの人気が高いです。

どんな精油を虫たちは苦手とするかですが、ゴキブリであればクローブ、シナモン、ベチバーなど。
蚊であれば、レモングラス、シトロネラ、ユーカリ、ティーツリーなどになります。

室内で芳香するだけで虫除けになりますし、気になるところに重曹に垂らしておくだけでも効果があります。
また、スプレータイプにして肌に吹きかけることも有効な方法です。

マーヴォコーでは、ゴキパンチというブレンドオイルがあり、
その効果の実績は本場オーストラリアのジャンボゴキで証明されています。

また、ジャングルウォークスプレーとして蚊除けスプレーもACO認定オーガニック商品としてデビューしています。

虫たちにも優しい虫除けアロマをお試しください。


相澤


※詳しくは ↓をクリック

アロマ ボディ スプレー”ジャングル ウォーク ブレンド(30mL)”:ジャングル ウォーク ブレンド(30mL)

アロマ ボディ スプレー”ジャングル ウォーク ブレンド(100mL)”:ジャングル ウォーク ブレンド(100mL)


ジャングルウォーク

●Marvo & Co オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp


風邪、インフルエンザにかからないアロマセラピー

ブログ


あけまして、おめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。

シドニーは1939年ぶりの夏日(47.3度)を記録し、毎日猛暑が続いています。

日本は真冬日が続いていると思いますが、風邪など引かれていませんでしょうか?
夏と冬で比較しますと、冬の方が風邪、特にインフルエンザにかかりやすい環境になりますので、
衛生管理を始め、しっかりと予防対策をしておく必要がありますよね。

そこで今回は風邪やインフルエンザにかからないアロマセラピーのレシピとその使用方法をご紹介いたします。

対策その1:精油を使う。

抗菌、抗真菌効果の高いユーカリ、ティーツリー、ラベンダー、ペパーミントなどを室内で芳香浴してください。
睡眠時などは特に有効です。芳香浴器はランプやロウソクを使用するのものではなく、
ミストや振動、風などを使って精油を拡散するものにしてください。
また、お出かけの際などマスクを装着する時に、ティッシュやコットンに1、2滴垂らして
マスクの内側に入れておくのも非常に有効です。
精油は3種程度ブレンドするととり作用を高めれるので、その時の気分に合わせて調合するといいですね。

マスクの場合は、想像以上に体内に精油は吸入されていきますので、精油の品質を十分にチェックしておいてくださいね。
ナチュラルとラベルに書いてあっても、防腐剤や人工香料などが入っているケースが多いです。
一つの目安としてオーガニック認定マークなどがついているものなどは安心してお使いいただけるのではないかと思います。
この方法であれば、お子様や妊婦さん、体の弱い方などでも使用可能です。

対策その2:アロマスプレーで衛生管理

殺菌ジェルやスプレーなどは、その殺菌剤が体や肌に良くないという悪循環な状態になっています。
公衆トイレの便座、フードコートの机など使用する前に、適正な殺菌消毒を行いましょう。
精油は強い殺菌消毒効果があり、オーガニックのエタノール(サトウキビ由来)を使ったスプレーがとても有効です。
肌はもちろん、衣類やデオドラントとしても使えるマルチスプレーです。
ラベンダー&ティーツリーの組み合わせがこの時期には適していますので、携帯してみてくださいね。

対策その3、ロールオンで肌に塗布

精油をホホバオイルで薄めると肌に塗布しても安全で、かつ効果を身体に与えることもできます。
ロールオンタイプになっているので、持ち運びも便利です。
クリアーというブレンドオイルがありますが、鼻詰まりを解消し、殺菌消毒効果も高めているブレンドになっていますので、
不調を感じたら胸部、鼻の下、こめかみなどに塗布してください。予防としても有効です。

対策その4:アロマうがい

コップ一杯の水にティーツリー1、2滴を垂らしてうがいしてください。
これは、かなり効果があります。ティーツリーうがいに慣れてきたら、ペパーミントやレモンを1滴加えるのもいいでしょう。
喉だけでなく、虫歯や口臭予防にもなりますので、年間通して使えますね。

これらの対策を取り入れると香りによるリフレッシュやリラックス効果が発生し、メンタル面にも働きかけます。
これをホリスティックというのですが、単一の目的だけに働くのではなく、様々な部分に同時に働きかける。
これこそがアロマセラピーの魅力だと思います。


皆様の生活にもアロマセラピーを取り入れてみてください。


相澤

※詳しい製品情報は、下記画像をクリックしてください。

ボディスプレー ラベンダーティーツリー

クリア

ペパーミント

ユーカリ

ティーツリー

人間が作ってしまった「無菌」という「菌」

ブログ

菌といっても数多くの種類があり、一つ一つ紹介していくと長くなるので、
今回は「悪い菌」、「良い菌」と表現させていただきます。

まず最初に、悪い菌というのは風邪やインフルエンザなど病原となる菌で、
これらは私たちの体に入ってほしくない菌です。
もし入ってしまうと、体調を崩してしまいます。
体調だけでなく肌の調子やホルモンバランスなどにも悪影響を与えてきます。
特にこれからの季節、寒くて乾燥する空気はこの悪い菌にとっては居心地がいいので、
人間の体内に入りやすくなるので、私たちはほぼ無意識に、日々手を洗う、
うがいする、温かいお風呂に入るなどと、体調不良にならない体作りをしているのです。

次に「良い菌」というのは、私達の体内にすでにある菌で、これらは私達の免疫力と
常にライバル関係にあり、免疫力に程よい緊張感を与えています。
免疫力に緊張感があるということは、健康体を維持する我々にとってとても大切なことです。
また、これは免疫力だけでなく、皮脂分泌、唾液、体臭、肌保湿などにも影響が出ています。

ここまでは、なんとなくご存知の方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、
要するに菌は菌でも私たちの体になくてはならない菌もあるということなんです。

さて、これを踏まえて生活日用品を見直してみると、殺菌力の強さを売りにしている商品が多数あり、
中には「無菌」状態にするようなことを宣伝している商品もあります。
これらの商品はちゃんと悪い菌と良い菌を分けて殺菌してくれているのでしょうか?

う〜ん。。。そんなことはなさそうですよね。。。

多くの化学薬品を使い、殺菌力を高め「無菌」であることを「衛生管理」と位置付けてるメーカーさんが
多いような気がします。
このことにより、必要としてきた菌がなくなり、身体のバランスが崩れ、新たな現代病が発症するのも
時間の問題ではないでしょうか。
いや、すでにもう私たちの中にその病原体がいるのかもしれません。

これこそ人間が作ってしまった「無菌」という「菌」ではないでしょうか。

私はアロマセラピーを通じて、精油には適正な抗菌力があることを何度も体験しています。
そして、この植物のエキスである精油こそが現代に必要としてる「悪い菌」を防ぎ、
「良い菌」を生かす抗菌液だと確信しています。

例えば、ティーツリーですが、ティーツリーに含まれる成分には強い殺菌力を持った成分が含まれており、
花粉症、風邪予防などでのうがいや、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎による痒みを抑える働きがあります。
これだけ有能な特性を持ちながら、肌への刺激はほとんどなく、
精油でも珍しく原液を肌に塗布することができます。
これにより、ニキビや水虫などにも有効とされ、万能油として人気があります。

また、これは保湿ということでも同じことがいえるのですが、一般製品に使われるグリセリンは、
そのほとんどが石油由来で、保湿を一時的に与えるものの、最終的には肌の保湿力を低下させてしまう危険性があるのです。

(リップスティックを何度塗っても、乾いちゃって、何度も何度も塗り直していませんか?
それがこれです。)

植物が持っている保湿力は植物が生命を維持する上で必要とする最低必要限な油分で、
これが私たちの肌に適度で、バランスの良い保湿を与え、肌自身に保湿力を分泌させるための
働きもあるのです。

ヴィーガンバームやセラムオイルも、ただ香りの良い保湿バーム、オイルではなく、
人間が持つ本来の力「自然治癒力」を高めるレシピになっています。

年末に入り、バタバタと忙しくなる季節ではありますが、
自然とのバランスを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

皆様にとって素敵なクリスマスとニューイヤーでありますように。


相澤


●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

2018年2月のギフトショー出展のご報告

ブログ

来年2月7日から9日の三日間、ビックサイトにてギフトショーが開催されます。

日本で一番大きなトレードショーだそうです。
その展示会にMarvo&Coとして出展することが決まりました。
現在、オーストラリアも日本もその用意でフル回転しています。
ヴィーガンバームやジャングルウォークをはじめ、全商品レンジ、什器サンプル、
カタログ、来季新商品を展示する予定です。

何よりも、Marvo & Coの「世界観」をみなさまにお伝えできればと思っております。


相澤

●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

冷え性を解消するアロマセラピー

ブログ

年間通して冷えでお悩みの方も多いかと思います。
特にこれから日本の冬は厳しい季節になりますね。

よく体の芯から温めるといいますが、芯というのは循環器機能を指していると僕は理解しています。
この循環器機能が低下することによって血行が悪化し冷えにつながっているわけです。

一般的には、お風呂や靴下、運動などでの対策が紹介されていますが、
精油にも血行促進や循環器活性、発汗作用を持つものがあり、
それらをうまく取り入れることによって冷え性を改善していくきっかけになると思います。

シドニーにあるアロマスクールでも、多くの生徒さんがこのレシピを使用して、冷え性を改善されています。
オーストラリアは基本シャワーなので、浴室が浴槽にお湯を入れてお風呂に入る構造になっていないのです。
お湯を沸かすなんてできないですから。

ということで、今日は冷え性解消のアロマセラピーのレシピをご紹介いたします。

*ウィンターグリーン 5滴
*シナモン 5滴
*ペッパー 5滴
*レモングラス 5滴
*マージョラム 10滴
*サイプレス 10滴
スィートアーモンドオイル 50ml

このオイルを、一日5~10回程度、足の指先や土踏まずのエリアに塗布してください。
大量に塗布する必要はありません、薄くのばす程度でいいです。

是非、お試しくださいね。


相澤



●Marvo & Co オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

マーヴォコーからオーガニック&ヴィーガンのヘアケア登場!

ブログ

1年の時を経て マーヴォコーからオーガニック&ヴィーガンのヘアケア登場!

シドニーのニュートラルベイという街に、RENCOUNTERという美容院があり、
そこのオーダーであるHIDEさんから、過去3年ほど製造元として
ヘアオイルとスタイリングクリームのオーダーをいただいておりました。

その彼とオーガニック&ヴィーガンのヘアケアを共同開発することになり、
1年の時を経て正式デビューすることになりました。

美容師としての髪の拘りと、僕のアロマセラピストとしての植物への拘りは、
オーガニック認定だけでなく、ヴィーガン認定を受けるというレベルに達しています。

ただ、トリートメントオイルに関してはツヤを出すだけでなく、
シャワーなどの水、海などの海水、紫外線から髪を守るためのコーティング力がありますので、
入浴前、海水浴前などの使用がとての有効です。
後の使用はしっとりとしたツヤを与えます。

クリームは程よいホールディング力と保湿、コーティング力がありますので、外出時にオススメです。

ヘナオイルはボリューム、育毛効果がありますので、入浴前に頭皮に擦り込むように使用してください。

精油も髪、頭皮に有効なゼラニウム、イランイラン、パルマローザ、レモンなどを使用しており、
優雅なアロマの香りをお楽しみいただけるでしょう。


相澤

●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

新商品は こうして 生まれる!


ブログ

新商品は こうして 生まれる!

大手メーカーさんや、アロマ系メーカーさんは、季節などのシーズンに合わせて、
新しい商品を開発し販売されています。
本当は僕もそのようなサイクルで新商品を出し、お客様に飽きを感じさせないレンジに
していかなければならないと思っています。

が、マーヴォコーの新商品開発は、シーズン、季節、飽き、などは一切関係ないコンセプトで行なっています。
では、私が大切にしている開発コンセプトは、

まず第一に、原料の良し悪しで決めています。
全てがオーガニック原料なので、毎年そして毎回微妙に香りや質感が異なりますから、
何度も仕入れて、使用した上で安定性の高いもののみを使っています。

第二に、症例が出ていたり、実践(病院やサロン)で使われているもののみを商品化しています。

オーストラリアでは、特に病院でアロマセラピーを取り入れていることが多く、
現場で使用されているレシピが数多く紹介されています。
それらをリメイクし、あくまでも正統なアロマセラピーというラインからは外れないようにしています。

ヴィーガンバームもマッサージオイルも、これからデビューするヘアケアシリーズも
全てこのようなことをクリアにし商品化してきました。

そして、これから先もこのコンセプトを変えるつもりはなく、
本当のオーガニック、アロマセラピーであるものを作り上げていきたいと思っています。

相澤

●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

オーガニック アロマヘアケア


ブログ


昨年のちょうど今頃、
シドニーのニュートラルベイにあるレンカウンターという美容室のオーナー「ヒデ」さんと話をしていました。

オーガニック認定とヴィーガン認定を受けたヘアケアを作ろうじゃないか!

オーストラリアのオーガニックをもっと日本人の方に知ってもらいたい!

コラボレーションで開発しよう!

希望や理想を語り合った記憶があります。
正直、このような盛り上がりは商品開発していると数多くあり、
なかなか実現するとなるととても少ないのですが、
お互いに言葉に言い表せない確信みたいなものがあり、商品化が決定したのです。

中身の品質はもちろん、容器やラベルなどにもヒデさんと意見を交わしながら納得のいくものを作ってきました。

トリートメントオイル、スタイリングクリーム、ヘナスカルプオイルの3種がまもなくデビューします。
本物のオーガニックとは何か・・・
ヴィーガンスタイルを取り入れる必要性を是非、この商品から感じていただければと 思います。
使用するすべての原料がACOオーガニック認定を受けていますし、商品そのものにも認定を受けています。
100%オーガニックのヘアケアです。

お楽しみに!

●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

マーヴォアロマスクールより 無料ミニアロマ通信講座のお知らせ

ブログ

オーストラリアのシドニーでアロマスクールを開講して8年になります。

年間約100名の方が受講されてきました。
ワークショップ参加者も加えると、合計1,500名をアテンドしてきたことになります。
この間に私も多くのことを学び、体験してきました。
これは私にとって財産になっており、生徒さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

そこでこの度、生徒さんをはじめC19ホホバの購入者、もしくは興味がある方を対象に
無料でミニアロマ通信講座を開催することにしました。
少しでも皆様のアロマライフにお役に立てればと思います。
習ったことを思い出したいとか、確認したい、学んでみたいという方は、是非お申し込みください。

アロマセラピーとは何か?

アロマセラピーによる効果、使用方法、注意点、実践法などを細かくご案内していきます。
また、来年には日本にてこの通信講座を受講されている方々を対象にリアル講義も行う予定です。
すでにオーストラリア在住の方には郵送しましたが、日本は10月中の郵送になるため、まだ間に合います。

スタイルやファッションではない、本当のアロマセラピーをマーヴォアロマで学んでみてください。

相澤


●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

精油7種

健康と美容と植物



ブログ

生きていれば誰もが望む「健康」。
そして女性はさらに「美容」。
この2つのテーマは、生きている証しといってもいいのではないでしょうか。

この健康&美容を促進するために、様々な方法や商品が販売されています。
弊社もアロマセラピーという療法を軸にした商品を展開しており、ブランドターゲットはまさに健康と美容です。
プラスして永遠に続く愛もテーマにしています。

香りを香って健康になるなんて現実っぽくない話ですが、それは西洋医学的な思考で育ってきているからであって、
特に植物の持つ精油成分は私たちの想像以上に脳へ影響を与えているのです。

もちろん薬とは違いますので、万人に同じ効果が出るというわけではないのですが、
使用者にあった精油と方法であれば、それなりの改善は期待できるのです。
また、オーストラリアでは病院などにアロマセラピストがボランティアとして出向き、
患者さんへトリートメントを行うのですが、香りを香る方法はほとんど使用しません。
肌に塗布したりマッサージしたり、アロエや軟膏に精油を混ぜて使用していきます。

マーヴォコーは、そのスタイルやレシピを受け継ぎ商品化しています。
ですから、決して特別なものでなく昔からアロマセラピストが現場で使用してきたものなのです。
さらにシドニーにある私が講師をしているマーヴォアロマスクールの生徒さんたちと共に改良を加えて 出来上がっています。
認定されたオーガニック、ヴィーガンであることも特徴の一つですが、
それと同じぐらいに「医療現場で使われてきた」ということも特徴になっています。
美容と健康に植物がすべてと言ってはいけないと思っています。
他にも素晴らしいものがいっぱいありますから。
ただ、植物もかなり良いのではないかと実感しながら開発製造しています。

是非、お試しください。

相澤

アロマ効果で安全で快適な春を過ごそう。

ブログ


みなさん、こんにちは。

精油には、様々な作用がありますが、その中でも非常に需要が高いのが、花粉症予防・改善と虫除けです。
ちょうどこれから春にかけて役に立つ情報ですよね。今回は、それぞれどの精油をどのように使うといいのかを
ご案内いたします。

*花粉症

そもそも花粉症は、花粉によるアレルギーによる免疫リアクションですから、
決して免疫力が低下して起こる症状ではありません。
免疫のバランスを崩すことによって起こる症状です。

そこで、精油にある免疫バランス調整作用を取り入れることで、
花粉が体内に入ってもアレルギー反応が出ない体にしておけばいいわけです。

また、鼻、口の殺菌もマメに行うことによって、花粉が体内に入らない環境になります。
このことから、花粉症に適した精油は、ティーツリー、ラベンサラ、ユーカリ、ラベンダー、ペパーミント、
ジャーマンカモミール、ローズマリーなどがあげられます。

マーヴォコーではクリアーブレンドがこれらの精油をブレンドしており、
ロールオンになっているオイルをそのままマスクの内側に塗るタイプになっています。
また、高品質(認定オーガニック)ティーツリーでのうがいも有効です。
症状によっては眠りにつくこともできない方がいらっしゃいますが、
その時は胸にラベンダー、ペパーミントを各1滴垂らして満遍なく胸部に塗布すると
鼻詰まりなども解消され、心地よくお休みいただけます。

ぜひ、お試しください。


*虫除け

虫の種類によって成分が異なりますが、市販で売られている虫除けや殺虫剤には、Deetという薬品が含まれています。
このDeetは我々人間にとって良くない成分です。

Deetを完全否定するつもりはありませんが、そもそも虫を殺す必要があるのでしょうか?

ゴキブリであれば家に出なければいいし、蚊であれば刺されなければいいのではないかと思います。
精油には殺虫効果はなく、あくまでも「除ける」レベルです。
その実績は高く夏場になると各メーカーからアロマ虫除けスプレーの人気が高いです。

どんな精油を虫たちは苦手とするかですが、ゴキブリであればクローブ、シナモン、ベチバーなど。
蚊であれば、レモングラス、シトロネラ、ユーカリ、ティーツリーなどになります。

室内で芳香するだけで虫除けになりますし、気になるところに重曹に垂らしておくだけでも効果があります。
また、スプレータイプにして肌に吹きかけることも有効な方法です。

マーヴォコーでは、ゴキパンチというブレンドオイルがあり、
その効果の実績は本場オーストラリアのジャンボゴキで証明されています。

また、ジャングルウォークスプレーとして蚊除けスプレーもACO認定オーガニック商品としてデビューしています。

虫たちにも優しい虫除けアロマをお試しください。


相澤


※詳しくは ↓をクリック

アロマ ボディ スプレー”ジャングル ウォーク ブレンド(30mL)”:ジャングル ウォーク ブレンド(30mL)

アロマ ボディ スプレー”ジャングル ウォーク ブレンド(100mL)”:ジャングル ウォーク ブレンド(100mL)


ジャングルウォーク

●Marvo & Co オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp


ページトップへ