カートをみる 入会手続/会員入口 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

人間が作ってしまった「無菌」という「菌」

ブログ

菌といっても数多くの種類があり、一つ一つ紹介していくと長くなるので、
今回は「悪い菌」、「良い菌」と表現させていただきます。

まず最初に、悪い菌というのは風邪やインフルエンザなど病原となる菌で、
これらは私たちの体に入ってほしくない菌です。
もし入ってしまうと、体調を崩してしまいます。
体調だけでなく肌の調子やホルモンバランスなどにも悪影響を与えてきます。
特にこれからの季節、寒くて乾燥する空気はこの悪い菌にとっては居心地がいいので、
人間の体内に入りやすくなるので、私たちはほぼ無意識に、日々手を洗う、
うがいする、温かいお風呂に入るなどと、体調不良にならない体作りをしているのです。

次に「良い菌」というのは、私達の体内にすでにある菌で、これらは私達の免疫力と
常にライバル関係にあり、免疫力に程よい緊張感を与えています。
免疫力に緊張感があるということは、健康体を維持する我々にとってとても大切なことです。
また、これは免疫力だけでなく、皮脂分泌、唾液、体臭、肌保湿などにも影響が出ています。

ここまでは、なんとなくご存知の方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、
要するに菌は菌でも私たちの体になくてはならない菌もあるということなんです。

さて、これを踏まえて生活日用品を見直してみると、殺菌力の強さを売りにしている商品が多数あり、
中には「無菌」状態にするようなことを宣伝している商品もあります。
これらの商品はちゃんと悪い菌と良い菌を分けて殺菌してくれているのでしょうか?

う〜ん。。。そんなことはなさそうですよね。。。

多くの化学薬品を使い、殺菌力を高め「無菌」であることを「衛生管理」と位置付けてるメーカーさんが
多いような気がします。
このことにより、必要としてきた菌がなくなり、身体のバランスが崩れ、新たな現代病が発症するのも
時間の問題ではないでしょうか。
いや、すでにもう私たちの中にその病原体がいるのかもしれません。

これこそ人間が作ってしまった「無菌」という「菌」ではないでしょうか。

私はアロマセラピーを通じて、精油には適正な抗菌力があることを何度も体験しています。
そして、この植物のエキスである精油こそが現代に必要としてる「悪い菌」を防ぎ、
「良い菌」を生かす抗菌液だと確信しています。

例えば、ティーツリーですが、ティーツリーに含まれる成分には強い殺菌力を持った成分が含まれており、
花粉症、風邪予防などでのうがいや、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎による痒みを抑える働きがあります。
これだけ有能な特性を持ちながら、肌への刺激はほとんどなく、
精油でも珍しく原液を肌に塗布することができます。
これにより、ニキビや水虫などにも有効とされ、万能油として人気があります。

また、これは保湿ということでも同じことがいえるのですが、一般製品に使われるグリセリンは、
そのほとんどが石油由来で、保湿を一時的に与えるものの、最終的には肌の保湿力を低下させてしまう危険性があるのです。

(リップスティックを何度塗っても、乾いちゃって、何度も何度も塗り直していませんか?
それがこれです。)

植物が持っている保湿力は植物が生命を維持する上で必要とする最低必要限な油分で、
これが私たちの肌に適度で、バランスの良い保湿を与え、肌自身に保湿力を分泌させるための
働きもあるのです。

ヴィーガンバームやセラムオイルも、ただ香りの良い保湿バーム、オイルではなく、
人間が持つ本来の力「自然治癒力」を高めるレシピになっています。

年末に入り、バタバタと忙しくなる季節ではありますが、
自然とのバランスを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

皆様にとって素敵なクリスマスとニューイヤーでありますように。


相澤


●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

ページトップへ