カートをみる 入会手続/会員入口 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

風邪、インフルエンザにかからないアロマセラピー

ブログ


あけまして、おめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。

シドニーは1939年ぶりの夏日(47.3度)を記録し、毎日猛暑が続いています。

日本は真冬日が続いていると思いますが、風邪など引かれていませんでしょうか?
夏と冬で比較しますと、冬の方が風邪、特にインフルエンザにかかりやすい環境になりますので、
衛生管理を始め、しっかりと予防対策をしておく必要がありますよね。

そこで今回は風邪やインフルエンザにかからないアロマセラピーのレシピとその使用方法をご紹介いたします。

対策その1:精油を使う。

抗菌、抗真菌効果の高いユーカリ、ティーツリー、ラベンダー、ペパーミントなどを室内で芳香浴してください。
睡眠時などは特に有効です。芳香浴器はランプやロウソクを使用するのものではなく、
ミストや振動、風などを使って精油を拡散するものにしてください。
また、お出かけの際などマスクを装着する時に、ティッシュやコットンに1、2滴垂らして
マスクの内側に入れておくのも非常に有効です。
精油は3種程度ブレンドするととり作用を高めれるので、その時の気分に合わせて調合するといいですね。

マスクの場合は、想像以上に体内に精油は吸入されていきますので、精油の品質を十分にチェックしておいてくださいね。
ナチュラルとラベルに書いてあっても、防腐剤や人工香料などが入っているケースが多いです。
一つの目安としてオーガニック認定マークなどがついているものなどは安心してお使いいただけるのではないかと思います。
この方法であれば、お子様や妊婦さん、体の弱い方などでも使用可能です。

対策その2:アロマスプレーで衛生管理

殺菌ジェルやスプレーなどは、その殺菌剤が体や肌に良くないという悪循環な状態になっています。
公衆トイレの便座、フードコートの机など使用する前に、適正な殺菌消毒を行いましょう。
精油は強い殺菌消毒効果があり、オーガニックのエタノール(サトウキビ由来)を使ったスプレーがとても有効です。
肌はもちろん、衣類やデオドラントとしても使えるマルチスプレーです。
ラベンダー&ティーツリーの組み合わせがこの時期には適していますので、携帯してみてくださいね。

対策その3、ロールオンで肌に塗布

精油をホホバオイルで薄めると肌に塗布しても安全で、かつ効果を身体に与えることもできます。
ロールオンタイプになっているので、持ち運びも便利です。
クリアーというブレンドオイルがありますが、鼻詰まりを解消し、殺菌消毒効果も高めているブレンドになっていますので、
不調を感じたら胸部、鼻の下、こめかみなどに塗布してください。予防としても有効です。

対策その4:アロマうがい

コップ一杯の水にティーツリー1、2滴を垂らしてうがいしてください。
これは、かなり効果があります。ティーツリーうがいに慣れてきたら、ペパーミントやレモンを1滴加えるのもいいでしょう。
喉だけでなく、虫歯や口臭予防にもなりますので、年間通して使えますね。

これらの対策を取り入れると香りによるリフレッシュやリラックス効果が発生し、メンタル面にも働きかけます。
これをホリスティックというのですが、単一の目的だけに働くのではなく、様々な部分に同時に働きかける。
これこそがアロマセラピーの魅力だと思います。


皆様の生活にもアロマセラピーを取り入れてみてください。


相澤

※詳しい製品情報は、下記画像をクリックしてください。

ボディスプレー ラベンダーティーツリー

クリア

ペパーミント

ユーカリ

ティーツリー

人間が作ってしまった「無菌」という「菌」

ブログ

菌といっても数多くの種類があり、一つ一つ紹介していくと長くなるので、
今回は「悪い菌」、「良い菌」と表現させていただきます。

まず最初に、悪い菌というのは風邪やインフルエンザなど病原となる菌で、
これらは私たちの体に入ってほしくない菌です。
もし入ってしまうと、体調を崩してしまいます。
体調だけでなく肌の調子やホルモンバランスなどにも悪影響を与えてきます。
特にこれからの季節、寒くて乾燥する空気はこの悪い菌にとっては居心地がいいので、
人間の体内に入りやすくなるので、私たちはほぼ無意識に、日々手を洗う、
うがいする、温かいお風呂に入るなどと、体調不良にならない体作りをしているのです。

次に「良い菌」というのは、私達の体内にすでにある菌で、これらは私達の免疫力と
常にライバル関係にあり、免疫力に程よい緊張感を与えています。
免疫力に緊張感があるということは、健康体を維持する我々にとってとても大切なことです。
また、これは免疫力だけでなく、皮脂分泌、唾液、体臭、肌保湿などにも影響が出ています。

ここまでは、なんとなくご存知の方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、
要するに菌は菌でも私たちの体になくてはならない菌もあるということなんです。

さて、これを踏まえて生活日用品を見直してみると、殺菌力の強さを売りにしている商品が多数あり、
中には「無菌」状態にするようなことを宣伝している商品もあります。
これらの商品はちゃんと悪い菌と良い菌を分けて殺菌してくれているのでしょうか?

う〜ん。。。そんなことはなさそうですよね。。。

多くの化学薬品を使い、殺菌力を高め「無菌」であることを「衛生管理」と位置付けてるメーカーさんが
多いような気がします。
このことにより、必要としてきた菌がなくなり、身体のバランスが崩れ、新たな現代病が発症するのも
時間の問題ではないでしょうか。
いや、すでにもう私たちの中にその病原体がいるのかもしれません。

これこそ人間が作ってしまった「無菌」という「菌」ではないでしょうか。

私はアロマセラピーを通じて、精油には適正な抗菌力があることを何度も体験しています。
そして、この植物のエキスである精油こそが現代に必要としてる「悪い菌」を防ぎ、
「良い菌」を生かす抗菌液だと確信しています。

例えば、ティーツリーですが、ティーツリーに含まれる成分には強い殺菌力を持った成分が含まれており、
花粉症、風邪予防などでのうがいや、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎による痒みを抑える働きがあります。
これだけ有能な特性を持ちながら、肌への刺激はほとんどなく、
精油でも珍しく原液を肌に塗布することができます。
これにより、ニキビや水虫などにも有効とされ、万能油として人気があります。

また、これは保湿ということでも同じことがいえるのですが、一般製品に使われるグリセリンは、
そのほとんどが石油由来で、保湿を一時的に与えるものの、最終的には肌の保湿力を低下させてしまう危険性があるのです。

(リップスティックを何度塗っても、乾いちゃって、何度も何度も塗り直していませんか?
それがこれです。)

植物が持っている保湿力は植物が生命を維持する上で必要とする最低必要限な油分で、
これが私たちの肌に適度で、バランスの良い保湿を与え、肌自身に保湿力を分泌させるための
働きもあるのです。

ヴィーガンバームやセラムオイルも、ただ香りの良い保湿バーム、オイルではなく、
人間が持つ本来の力「自然治癒力」を高めるレシピになっています。

年末に入り、バタバタと忙しくなる季節ではありますが、
自然とのバランスを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

皆様にとって素敵なクリスマスとニューイヤーでありますように。


相澤


●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

2018年2月のギフトショー出展のご報告

ブログ

来年2月7日から9日の三日間、ビックサイトにてギフトショーが開催されます。

日本で一番大きなトレードショーだそうです。
その展示会にMarvo&Coとして出展することが決まりました。
現在、オーストラリアも日本もその用意でフル回転しています。
ヴィーガンバームやジャングルウォークをはじめ、全商品レンジ、什器サンプル、
カタログ、来季新商品を展示する予定です。

何よりも、Marvo & Coの「世界観」をみなさまにお伝えできればと思っております。


相澤

●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

冷え性を解消するアロマセラピー

ブログ

年間通して冷えでお悩みの方も多いかと思います。
特にこれから日本の冬は厳しい季節になりますね。

よく体の芯から温めるといいますが、芯というのは循環器機能を指していると僕は理解しています。
この循環器機能が低下することによって血行が悪化し冷えにつながっているわけです。

一般的には、お風呂や靴下、運動などでの対策が紹介されていますが、
精油にも血行促進や循環器活性、発汗作用を持つものがあり、
それらをうまく取り入れることによって冷え性を改善していくきっかけになると思います。

シドニーにあるアロマスクールでも、多くの生徒さんがこのレシピを使用して、冷え性を改善されています。
オーストラリアは基本シャワーなので、浴室が浴槽にお湯を入れてお風呂に入る構造になっていないのです。
お湯を沸かすなんてできないですから。

ということで、今日は冷え性解消のアロマセラピーのレシピをご紹介いたします。

*ウィンターグリーン 5滴
*シナモン 5滴
*ペッパー 5滴
*レモングラス 5滴
*マージョラム 10滴
*サイプレス 10滴
スィートアーモンドオイル 50ml

このオイルを、一日5〜10回程度、足の指先や土踏まずのエリアに塗布してください。
大量に塗布する必要はありません、薄くのばす程度でいいです。

是非、お試しくださいね。


相澤



●Marvo & Co オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

マーヴォコーからオーガニック&ヴィーガンのヘアケア登場!

ブログ

1年の時を経て マーヴォコーからオーガニック&ヴィーガンのヘアケア登場!

シドニーのニュートラルベイという街に、RENCOUNTERという美容院があり、
そこのオーダーであるHIDEさんから、過去3年ほど製造元として
ヘアオイルとスタイリングクリームのオーダーをいただいておりました。

その彼とオーガニック&ヴィーガンのヘアケアを共同開発することになり、
1年の時を経て正式デビューすることになりました。

美容師としての髪の拘りと、僕のアロマセラピストとしての植物への拘りは、
オーガニック認定だけでなく、ヴィーガン認定を受けるというレベルに達しています。

ただ、トリートメントオイルに関してはツヤを出すだけでなく、
シャワーなどの水、海などの海水、紫外線から髪を守るためのコーティング力がありますので、
入浴前、海水浴前などの使用がとての有効です。
後の使用はしっとりとしたツヤを与えます。

クリームは程よいホールディング力と保湿、コーティング力がありますので、外出時にオススメです。

ヘナオイルはボリューム、育毛効果がありますので、入浴前に頭皮に擦り込むように使用してください。

精油も髪、頭皮に有効なゼラニウム、イランイラン、パルマローザ、レモンなどを使用しており、
優雅なアロマの香りをお楽しみいただけるでしょう。


相澤

●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

新商品は こうして 生まれる!


ブログ

新商品は こうして 生まれる!

大手メーカーさんや、アロマ系メーカーさんは、季節などのシーズンに合わせて、
新しい商品を開発し販売されています。
本当は僕もそのようなサイクルで新商品を出し、お客様に飽きを感じさせないレンジに
していかなければならないと思っています。

が、マーヴォコーの新商品開発は、シーズン、季節、飽き、などは一切関係ないコンセプトで行なっています。
では、私が大切にしている開発コンセプトは、

まず第一に、原料の良し悪しで決めています。
全てがオーガニック原料なので、毎年そして毎回微妙に香りや質感が異なりますから、
何度も仕入れて、使用した上で安定性の高いもののみを使っています。

第二に、症例が出ていたり、実践(病院やサロン)で使われているもののみを商品化しています。

オーストラリアでは、特に病院でアロマセラピーを取り入れていることが多く、
現場で使用されているレシピが数多く紹介されています。
それらをリメイクし、あくまでも正統なアロマセラピーというラインからは外れないようにしています。

ヴィーガンバームもマッサージオイルも、これからデビューするヘアケアシリーズも
全てこのようなことをクリアにし商品化してきました。

そして、これから先もこのコンセプトを変えるつもりはなく、
本当のオーガニック、アロマセラピーであるものを作り上げていきたいと思っています。

相澤

●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

オーガニック アロマヘアケア


ブログ


昨年のちょうど今頃、
シドニーのニュートラルベイにあるレンカウンターという美容室のオーナー「ヒデ」さんと話をしていました。

オーガニック認定とヴィーガン認定を受けたヘアケアを作ろうじゃないか!

オーストラリアのオーガニックをもっと日本人の方に知ってもらいたい!

コラボレーションで開発しよう!

希望や理想を語り合った記憶があります。
正直、このような盛り上がりは商品開発していると数多くあり、
なかなか実現するとなるととても少ないのですが、
お互いに言葉に言い表せない確信みたいなものがあり、商品化が決定したのです。

中身の品質はもちろん、容器やラベルなどにもヒデさんと意見を交わしながら納得のいくものを作ってきました。

トリートメントオイル、スタイリングクリーム、ヘナスカルプオイルの3種がまもなくデビューします。
本物のオーガニックとは何か・・・
ヴィーガンスタイルを取り入れる必要性を是非、この商品から感じていただければと 思います。
使用するすべての原料がACOオーガニック認定を受けていますし、商品そのものにも認定を受けています。
100%オーガニックのヘアケアです。

お楽しみに!

●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

マーヴォアロマスクールより 無料ミニアロマ通信講座のお知らせ

ブログ

オーストラリアのシドニーでアロマスクールを開講して8年になります。

年間約100名の方が受講されてきました。
ワークショップ参加者も加えると、合計1,500名をアテンドしてきたことになります。
この間に私も多くのことを学び、体験してきました。
これは私にとって財産になっており、生徒さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

そこでこの度、生徒さんをはじめC19ホホバの購入者、もしくは興味がある方を対象に
無料でミニアロマ通信講座を開催することにしました。
少しでも皆様のアロマライフにお役に立てればと思います。
習ったことを思い出したいとか、確認したい、学んでみたいという方は、是非お申し込みください。

アロマセラピーとは何か?

アロマセラピーによる効果、使用方法、注意点、実践法などを細かくご案内していきます。
また、来年には日本にてこの通信講座を受講されている方々を対象にリアル講義も行う予定です。
すでにオーストラリア在住の方には郵送しましたが、日本は10月中の郵送になるため、まだ間に合います。

スタイルやファッションではない、本当のアロマセラピーをマーヴォアロマで学んでみてください。

相澤


●オンラインショップ

オーストラリア: www.marvoco.com
ジャパン: www.marvoco.jp

精油7種

健康と美容と植物



ブログ

生きていれば誰もが望む「健康」。
そして女性はさらに「美容」。
この2つのテーマは、生きている証しといってもいいのではないでしょうか。

この健康&美容を促進するために、様々な方法や商品が販売されています。
弊社もアロマセラピーという療法を軸にした商品を展開しており、ブランドターゲットはまさに健康と美容です。
プラスして永遠に続く愛もテーマにしています。

香りを香って健康になるなんて現実っぽくない話ですが、それは西洋医学的な思考で育ってきているからであって、
特に植物の持つ精油成分は私たちの想像以上に脳へ影響を与えているのです。

もちろん薬とは違いますので、万人に同じ効果が出るというわけではないのですが、
使用者にあった精油と方法であれば、それなりの改善は期待できるのです。
また、オーストラリアでは病院などにアロマセラピストがボランティアとして出向き、
患者さんへトリートメントを行うのですが、香りを香る方法はほとんど使用しません。
肌に塗布したりマッサージしたり、アロエや軟膏に精油を混ぜて使用していきます。

マーヴォコーは、そのスタイルやレシピを受け継ぎ商品化しています。
ですから、決して特別なものでなく昔からアロマセラピストが現場で使用してきたものなのです。
さらにシドニーにある私が講師をしているマーヴォアロマスクールの生徒さんたちと共に改良を加えて 出来上がっています。
認定されたオーガニック、ヴィーガンであることも特徴の一つですが、
それと同じぐらいに「医療現場で使われてきた」ということも特徴になっています。
美容と健康に植物がすべてと言ってはいけないと思っています。
他にも素晴らしいものがいっぱいありますから。
ただ、植物もかなり良いのではないかと実感しながら開発製造しています。

是非、お試しください。

相澤

ページトップへ